季刊「高校演劇」    掲載戯曲目録 1 目録1 ★1-65号
目録2 ★66-107号 目録3 ★108-177号 目録4 ★178号 -222
目録5 ★223号 -    
1964~1980(1号~65号)
■No.1 (1964.秋)
阿 坂 卯一郎 送 虫 譜
井 上 真 治 夜明けを待とう! 諸君
榊 原 政 常 キツネとタヌキ
辻 合 敏 明 薔薇の踊子
   
■No.2 (1965.冬)
本 山 節 彌 卒業延期
浅 香 寿 穂 うなばら
鈴 木 恒 雄 キック・アンド・ラッシュ
   
■No.3 (1965.春)
落 合 矯 一 ともしびのかげに
黒 羽 英 二 囚  人
佐 々 俊 之 フルートを吹く少年
   
■No.4 (1965.夏)
林   黒 土 筑豊の少女
柴 田 北 彦 突堤にて
井 関 義 久 学  校
阿 部 敬 三 白 い 糸
   
■No.5 (1965.秋)
下 川 幸 治 落人部落
小 原 輝 夫 容姿端麗
矢 野 満恵子 藍染めの頃
宮 崎 友 三 ギターと太鼓
   
■No.6 (1966.冬)
阿 坂 卯一郎
松 本 和 子 あるたたかい
林   昌 次 土師部の未
美唄東高校演劇部 ここにも人間が生きている
   
■No.7 (1966.春)
井 上 真 治 DEAD BALL
小 出 和 典 着飾れないシンデレラ
本 山 節 彌 オホーツクのわらすっこ
榊 原 政 常 彼はどちらを選んだか
   
■No.8 (1966.夏)
藤 田 莞 爾 視学官来訪す
林   黒 土 黒い太陽
浅 香 寿 穂 海 鳴 り
福 田   薫 うちのナース達
   
■No.9 (1966.秋)
井 上 真 治 結  晶
佐 々 俊 之 ズバリ! 当てます
柴 田 北 彦 桜  川
   
■No.10 (1967.冬)
野 田 市太郎 高等学校数学Ⅰ
町 井 陽 子 私 で す
松 本 和 子 ある白雪姫の話
辻 合 敏 明 真珠とルンペン
   
■No.11 (1967.春)
内 木 文 英 小さな音
浜 野 卓 也 明日も生きて
荒 木 理 人 傷だらけの人
スーザン・グラスペル作、 些  事  
出戸 一幸 訳
   
■No.12 (1967.夏)
宮 崎 友 三 ますら女
本 山 節 彌 O S
浅 川 文 雄 去る者は
林   黒 土 改作・土壇場
   
■No.13 (1967.秋)
小 出 和 典 改稿・来訪者
村 井   守 金曜日の客
井 上 正 利 生 き る
黒 羽 英 二 題名のない芝居
   
■No.14 (1968.冬)
町 井 陽 子 才女ありて…
加 藤   明 現代のたたかい
神 宮 茂十郎 手と手を
P.S・ローリン 作、 おりの中  
出戸 一幸 訳
   
■No.15 (1968.春)
田 村 倫 彦 色は匂へど
妻高校演劇部 京子は死んだ
湯 川 計 伍 ふきだまり
相馬高校演劇部 ある秋の夜
   
■No.16 (1968.夏)
中 岡 節 子 木 偶
浅 川 文 雄 小百合ちゃんさようなら
長谷川 隆 博 太陽のない島
岩 町   功 はたちの心
   
■No.17 (1968.秋)
佐 藤 良 和 LOOK AT THE MOON  
 BETWEEN THE BULLDINGS
石 塚 雄 康 青いくつした
佐久間 善 章 置 手 紙
柴 田 北 彦 貯水池ぴすとる奇談
   
■No.18 (1969.冬)
黒 羽 英 二 エレベーター
内 木 文 英 す え 子
佐 々 俊 之 うたかたの恋
   
■No.19 (1969.春)
福 田   薫 天国椅子
下 川 幸 治 熱帯魚
いたがきかねはる 海の底の眼
町 井 陽 子 防人遺聞
   
■No.20 (1969.夏)
浅 香 寿 穂 よしこの
桜 本 英 二 たった一人の卒業式
しのだ しげ美 Discord
井 関 義 久 授  業
   
■No.21 (1969・秋)
マイケル・ダインス作、 ある地方警察署からの報告  
出戸 一幸 訳
田 村 倫 彦 ぼんさい
佐 藤 良 和 足 摺 岬
一 柳 俊 邦 アンナはどうして飛べないの
   
■No.22 (1970.冬)
榊 原 政 常 おちけん
浅 香 寿 穂 コケコッコ
土 屋 弘 光 被 害 者
町 井 陽 子 当世幻談
   
■No.23 (1970.春)
浅 川 文 雄 ガソリンと毒薬
桜 本 英 二 五 月 病
森 沢 恵美子 午  後
本 山 節 彌 鍛  冶
   
■No.24 (1970.夏)
井 上 正 利 不信の時代
三次高校演劇部 されど我等は
石 塚 雄 康 桃太郎の銅像
田 村 倫 彦 断  絶
   
■No.25 (1970.秋)
J.B・プリーストリー 作、 母 の 日  
出戸 一幸 訳
一 柳 俊 邦 紙いちまい
浅 香 寿 穂 黒 い 潮
黒 川 喜 七 困った姉ちゃん
   
■No.26 (1971.冬)
榊 原 政 常 猪 八 戒
湯 川 計 伍 1メートル50
一万田 鉄 男 時の兵士
町 井 陽 子 ニューヨークのくしゃみ
   
■No.27 (1971.春)
津 田 桂 子 浦上哀話
小 寺 隆 韶 じんぱい
井 上 正 利 四次元の幻想
佐 々 俊 之 試行錯誤
   
■No.28 (1971.夏)
橋 本 栄 子 大千軒岳の切支丹
渡 辺 重 一 光の中に立ち嘆く
丸 山 邦 彦 らくがき
井 上 真 治 かぎろひ
   
■No.29 (1971.秋)
桜 本 英 二 ながら・ながる・ながれ
津 田 桂 子
野 辺 由 郎 流れ星四番
   
■No.30 (1972.冬)
佐 藤 良 和 喪  服
井 上 正 利 くたばれ! 三無主義
高津高校演劇部 白い風景
松 本 和 子 りえの生きがい
   
■No.31 (1972.春)
宮 崎 友 三 芦屋家の崩壊
西之園 至 郎 雑魚寝の中で
舟入高校演劇部 底  流
小 寺 隆 韶 かげの砦
   
■No.32 (1972.夏)
井 上 真 治 通 り 雨
海 保 進 一 幻覚巨象
富 田 浩 史 ろうごく
浅 香 寿 穂
   
■No.33 (1972.秋)
榊 原 政 常 おとぎばなし 王さまばんざい
一 柳 俊 邦 天皇はんのみかん
佐 々 俊 之 ジーパンを穿いたジャンヌ
T・ワイルダー作、 ハッピィ・ジャーニィ  
出戸 一幸 訳
   
■No.34 (1973.冬)
菅 村 敬次郎 コ タ ン
森 瀬 高 明 傷つきてなお
徳島城北高校演劇部 人形の歌
石 山 浩一郎 さすらい狂騒曲
   
■No.35 (1973.春)
宮 崎 友 三 馬鹿囃子
桜 本 英 二 天 の 鼓
弘前高校演劇部 コモンセンス
佐 藤 良 和 Jap in NY
   
■No.36 (1973.夏)
榊 原 政 常 くびかざり
野 辺 由 郎 影ぼうし紀行
石 塚 雄 康 みんないい子
田 村 倫 彦 ホームジャック・ブルース
   
■No.37 (1973.秋)
石 山 浩一郎 地下室の女
一 柳 俊 邦 棺に群がる女たち
佐 々 俊 之 狂育白書
小 寺 隆 韶 てのひらの雪ひとつぶの消えるまで
   
■No.38 (1974.冬)
小 出 和 典 凶宴招待状
日比野 諦 観 地下の街
福 田   薫 崖っぷち
F・ブランブル作、 ダ イ ス  
出戸 一幸 訳
   
■No.39 (1974.春)
榊 原 政 常 縁結びのお地蔵さん
宮 崎   衡 あるHR日誌
伊 原 駿之介 月の夜語り
はやし こくど 瓜子姫の叛乱
   
■No.40 (1974.夏)
浅 香 寿 穂 よけいなお世話
樟蔭高校演劇部 薄明のさす日まで
舟入高校演劇部 ふるさとの海荒れて
西之園 至 郎 少年と薔薇の花
   
■No.41 (1974.秋)
佐 々 俊 之 きもだめし
野 辺 由 郎 CHALLENGER
金 宮 淑 恵 傍  観
町 井 陽 子 女 帝 考
   
■No.42 (1975.冬)
坊 丸 一 平 屋上のふたり
宮沢賢治原作、 注文の多い料理店  
仙台工業高校演劇部脚色
角 田 和 則 交換部品
舟入高校演劇部 明日に舞う
   
■No.43 (1975.春)
小 寺 隆 韶 優 勝 旗
松 本 和 子 わたしの友だち
石 塚 雄 康 四角い卵
森 瀬 高 明 校塔に陽闌けて
   
■No.44 (1975.夏)
M・ゴーリキ 原作、 イゼルギリ婆さん  
本山節彌 脚色
菅 村 敬次郎 こゝは幸子の家です
竹 富   保 イントロダクション
佐 藤 良 和 苦竹の季
   
■No.45 (1975.秋)
宮 崎   衡 ハードルが泣いている
石 山 浩一郎 時の坂道
佐 々 俊 之 はじめの一歩
辻 合 敏 明 ア・ラプソディ・イン・カルテット
   
■No.46 (1976.冬)
原     博 夜のセールスマン
坊 丸 一 平 プレイバック
町 井 陽 子 牝鶏がときを告げる時
G.ホフマン 作、 休  暇  
出戸 一幸 訳
   
■No.47 (1976.春)
あ べ よし子、 お芝居に題名がいるだろうか  
しのだ しげ美
滝高校演劇部 ペガサスのうた
福 原 とし子 A Picture
福 島   聡 第四の男
   
■No.48 (1976.夏)
橋 本 栄 子 はい、さいなら
まつお ただお 遠山桜しらけ節
井 上 真 治 フエノチアジン
浅 香 寿 穂 哭女(なきおんな)
   
■No.49 (1976.秋)
佐 々 俊 之 各駅停車
伊 藤 隆 弘 記憶の森で
一 柳 俊 邦 美音の辺
原     博 ルーム・ジャック
   
■No.50 (1977.冬)
福 田   薫 兄 弟 塚
井 上 真 治 常世の国
内 木 文 英 赤いチケット
町 井 陽 子 れくぃえむ
   
■No.51 (1977.春)
本 山 節 彌 都会の森の物語
松 森 多海夫 青春は宝石の如く
鹿児島女子高校演劇部 小っちゃなバスケット
石 山 浩一郎 魔女鎮魂
   
■No.52 (1977.夏)
阿 坂 卯一郎 猛  者
宮 崎 友 三 そこに何かがある
坊 丸 一 平 犬神博士の心理劇療法
浅 香 寿 穂 おびただしき遍路の列
   
■No.53 (1977.秋)
佐 藤 良 和 遺されたノオト
石 山 浩一郎 遙かなるダモイ
小 出 和 典 根 の 国
まつお ただお RS378=106=5896TP
   
■No.54 (1978.冬)
伊 藤 隆 弘 虎 杖 忌
町 井 陽 子 小  町
水 川 裕 雄 日  日
シェル・シルヴァスタイン 原作、 おおきな木  
本山節彌 脚色
   
■No.55 (1978.春)
菅 村 敬次郎 鼓  動
水 野 一 成 又寝ると明日たいね
大久保   寛 お猿の学校
原     博 危険な遊戯
   
■No.56 (1978.夏)
小 寺 隆 韶 里はやまぶき
四天王寺高校演劇部 さようならママ
飾磨高校演劇部 海の家族
坊 丸 一 平 しんでれら・げえむ
   
■No.57 (1978.秋)
榊 原 政 常 親子雷(改訂版)
海 保 進 一 終焼香(うわいずうこう)
一 柳 俊 邦 とや・八月十五日
   
■No.58 (1979.冬)
福 田   薫 阿 修 羅
内 木 文 英 もうひとつの晩餐会
坊 丸 一 平 アベルの告白
町 井 陽 子 おやめ、眠り犬を起こすのは
   
■No.59 (1979.春) (大分大会特集1)
伊 藤 隆 弘 灯の河に
大 谷 駿 雄 じゃがらもがら
長 崎 武 昭 古事記幻想
大久保   寛 はだしのにわとり
   
■No.60 (1979.夏) (大分大会特集2)
大 井 英 敏 君の行く道は
横 内 謙 介 山椒魚だぞ!
北淀高校演劇部 秋つばめ
浅 香 寿 穂 学園天国
   
■No.61 (1979.秋)
小 寺 隆 韶 土曜日の午後に
海 保 進 一 ダビデの歌が聞える
岡 部   淳 飛行艇はもう飛ばない
西之園 至 郎 まい子たち
   
■No.62 (1980.冬)
坊 丸 一 平 瀬戸際族の反乱
伊 藤 隆 弘 光と陰の構図
町 井 陽 子 柳(りゅう)
井 上 真 治 浅茅ヶ原
   
■No.63 (1980.春) (石川大会特集1)
角   敏 彦 邂逅の時を求めて
金沢商業高校演劇部 Dear高校生
板 倉 克 子 創作劇のつくりかた
菅 村 敬次郎 あしたは天気
   
■No.64 (1980.夏) (石川大会特集2)
まつお ただお どんぐりの詩
大 谷 駿 雄 夏 の 雲
水 谷 友 子 灰スクール
佐 藤 良 和 空は光り もう鳥は帰らない
   
■No.65 (1980.秋)
田 口 孝太郎 ゆうべおっと雪の夜ばなし
一 柳 俊 邦 朝の光愛しく
森 瀬 高 明 菜切包丁
伊 藤 隆 弘 阻  止
   
季刊「高校演劇」    掲載戯曲目録 1 目録1 ★1-65号
目録2 ★66-107号 目録3 ★108-177号 目録4 ★178号 -222
目録5 ★223号 -    
高校演劇劇作研究会 gekisakuken.com